<< ★薔薇のような時間★ | 禅と桃のおいしい関係(上) >>
○○さんへの手紙♪ (禅的考え方)

「志」というものがあります。
これはコロコロ変わりやすい心をちょっと刺して、動きにくくしようというものです。
心を刺してしまう、あるいは心を一つの方向に向けて指す、それが志です。
志は必要ではありますが、しかし、あまり強すぎると苦しくなります。



c0156749_1234339.jpg



最近、私の回りの若い男性(30代)の中に、志を持っているのに迷っている人を多く見受けられます。
多すぎる、あるいは必要でない情報に振り回され、疲れている人。
心の安らぎを求めて、ひとりでいることの苦しさから友と呼べる人を求め続けている人。
・・・・・
そして共通しているのは、みんな優しい、純粋な人だということです。


志がきつすぎると非常に厳しいといいましたが、志はたいてい「言葉」で立てます。
この言葉が行き過ぎてしまうと、自分がとんでもなく苦しくなります。


そこで、私が愛読している玄侑宗久氏の著書の中に禅的考え方から
「志」のことを書いてあるくだりがあったので紹介しますね。


*玄侑宗久・・・1956年福島県三春町生まれ。慶応義塾大学文学部中国学科を卒業後、
さまざまな職業を体験。27歳で出家し、京都の天竜寺専門道場に入門。
現在は、臨済宗妙心寺派、福聚寺副住職。
「中陰の花」で第125回芥川賞受賞。
私は「アミターバ 無量光明」「禅的生活」が個人的に好き!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


たとえば、金子みすゞさんという詩人がいます。
みすゞさんは、「鈴と小鳥とそれから私、みんなちがって、みんないい」と書きました。
「みんなちがって、みんないい」って、世界の金言にしてもいいような言葉じゃないですか。
誰が正しいわけではないという素晴らしい言葉だと思います。
ところが、みすゞさんは、そこでやめられなかった。
表現はやっぱり行き過ぎるんです。
そこで、「みんなが好きになりたいな」という詩を書いてしまった。
しかしこれは無理です。みんな好きになるのは無理です。
ところが、みんな好きになりたいなと書いてしまうと、みんなが好きになれない自分が許せない。
夫さえ好きになれない自分が許せない。これは苦しいでしょう。
その言葉を残して死んでいくしかない。
言葉に殉死するしかない。
だから、自分がどうありたいという志を言葉で考えるときに、言葉が行き過ぎてはいけない。
「みんなちがって、みんないい」以上に進む必要はないと思います。

これは老荘思想(禅が影響を受けた思想)の中では「天釣の思想」といわれます。
天釣というのは、天から見れば釣り合っているということです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


皆さんはどう思われましたか?この禅的考え方が理解できましたか?


私たちはひとりでは生きていけません。
「生かされているんだ」という、お蔭様の気持ちを持つことはとても大切なことだと思います。
しかし、基本条件は孤独です1月8日のPRESSを読んでみて下さいね。
禅でも、「自分のこころの中にすべてはある・・・」といっています。
だから、迷いやひとりでいることの寂しさから友を求めても、それは依存であって、
わかってもらったと自分が勝手に思い込んでいる友が、これから先何か違った行動をとったり
意に反していることを言ったりしたら、途端に裏切られと勘違いするのはわかりきっています。
それって、もっともっと虚しいことでしょう。相手だってたまったもんじゃありません(苦笑)
何だか共感してくれた人がいてくれた、迷っている自分に寄り添ってくれた人がいてくれた。
なんて有り難いことでしょう・・・それだけでいいじゃありませんか・・・
そんな風に考えることの方が、自分ばかりだけでなく相手も幸せになれるはずです。


志は自分の内なる領域にひっそり立てるべきです。
そして、どうか結果をあせらないで下さい。
禅では、結果よりもその過程を大切、素晴らしいと考えます。


偉大な大いなるもの・・・それを神や仏というなら、私は外側には存在しないと思います。
インナーフリーダム・・・自分の内なるこころが何にも囚われない自由な境地になってこそ、
初めて神や仏に繋がるのではないでしょうか。


難しいことのように思われるかもしれないけれど、案外フッとその機会はやってくるものです。
迷い続けて、いつも利他の心を忘れずに自分の内側を観続けていれば。。。


何か、長くなってしまいそうなんで、またじっくり逢ってお話ができればいいなと思います。
私も未だに日々迷い続けていますが、「禅」と出会って、禅的考え方で随分生き方が楽になり、
PRESSの読者の、まだお逢いしたことのない皆さんからも嬉しいお言葉を頂くことが多くなってきました。
そしてその想いを伝えてくれる妹分も増えてきましたよ^^
そうですね・・・これこそ幸せの循環ですね・・・053.gif
[PR]
by paris-texas_press | 2009-03-04 13:10 | マダムみこ




宮崎市霧島3-133にある雑貨・家具・お洋服・骨董などのセレクトショップ★ギャラリーカフェ併設★                ムッシュ&マダムへのお手紙は gion3@ joy. ocn. ne. jpまで
by paris-texas_press
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
パリテキサスショップデータ
パリテサキス★新着情報
ムッシュの古道具
フランスの記憶
京都の記憶
沖縄の記憶
旅の記憶
ムッシュ木村
マダムみこ
スピコ店長
アキのひとりごと
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<< ★薔薇のような時間★ | 禅と桃のおいしい関係(上) >>