|
2009年 03月 09日 ( 3 )



禅と桃のおいしい関係(下)
挨拶の効用!


こちらのカテゴリーもなかなか更新出来ずにごめんなさい!
「マダムMのこころの話」はこのPRESSのカテゴリーの中でも大人気で、
皆さんからのメールも一番多く、「禅を楽しむ会」のきっかけにもなりました。

まだまだ、詳しく知りたい、話したいという内容のメールも多いのですが、
PRESSに書くのはどうしても限度があって、このくらいが精一杯でごめんなさい。
アナログ世代のマダムにしては、頑張ってるなって思ってもらえたら嬉しいです。
それから「禅を楽しむ会」専用の皆さんの会報誌なるものも考えていますのでお楽しみに!



c0156749_19263139.jpg




ところで3月3日のPRESSの「桃的」発想=無邪気の実例、ある禅師さんの話を今日は紹介します。
これは玄侑宗久さんのお師匠さんのお師匠さんの実話です。


このお師匠さん、実に素晴らしい方なんです。
お師匠さんは毎朝、決まったコースを決まった時間に廻っています。
すると、ある場所で必ず同じ男性に会うのだそうです。
そして、毎朝、「おはようございます」とお師匠さんが声をかける。
ところが、その男性は返事をしません。

毎朝挨拶をしても全然返事をしない相手に、皆さんは何日、挨拶をし続けられますか?

学校では「挨拶はきちんとしなさい」というでしょう。これは儒教的です。
挨拶は自然発生的なものでしょう。
挨拶しろ、と言われて挨拶されても私はちっとも嬉しくありません。

しかし、こちらから挨拶しても相手が応えないという状態が続いたら、
いったい、何日同じことを続けられるでしょうか。
きっと、いろいろ「分別」して、相手がその気なら、ということでやめてしまう方も多いじゃなでしょうか。
あるいは分別したあげくに、「挨拶しなきゃいけない」と説教をはじめる人も多いと思います。

しかし、このお師匠さん、この返事をしない相手になんと2年間も同じように挨拶を続けたそうです。

その2年後に何が起こったかというと、ある朝、その男性が初めて、
「おはようございます」と応えて、その場に泣き伏したのだそうです。

何が起こったにか詳しくはわかりません。
しかし、そこで特別大きな変化がその男性の中に起こったことは間違いないと思います。
それはきっと、「挨拶しないとダメじゃないか」と説教されることでは起きなかった変化だろうと思います。
返事をしない相手に、2年間毎日欠かさず挨拶ができるというのは
「無分別」でないととても出来ないことです。
それでこそ起こせる特大の変化がある、ということです。



c0156749_1927983.jpg




禅的考え方でいう「分別」「無分別」というのは
一般的な考えとちょっと違います。
礼儀が生まれる前の、本来の優しい心に
戻れないものかという発想が、道教や禅にはあります。
したがって、人が成長に伴って身につけていく
「分別」に対して、禅が重視するのは桃的発想=無邪気、
つまり「無分別」というものです。



ここで挨拶といえば、パリ、テキサスに来店してくださるお客様の挨拶も様々ですが、
私たちはスタッフ一同、何らかの挨拶を必ずします。
そこで最近ちょっと気になっていることがあります。
同じお店をやっている方でお客様でもあるのですが、来店の際、目が合っても挨拶をされないそうです。
これはムッシュの時だけのようなんで、皆は「恥ずかしいのでは?」と言っているのですが・・・。
一度その方のお店にも行った時、感じの良い方で私たち、お話までしたんですよ。
恥ずかしいもなにも、同じ同業者でもありますし、私たちより随分年下ですが、
もう十分大人同士ですからね(苦笑)
だからどうしてかな・・・って私の中では謎なんです^^;

是非ともお逢いして、大きな声で「こんにちは!」って私から挨拶しようと思っています。
だから、お逢いできる機会を楽しみにしているマダムです^^
[PR]
by paris-texas_press | 2009-03-09 21:08 | マダムみこ



民藝と出逢う旅(中)
小鹿田皿山300年の地産地消



遅くなりましたが、2月26日のPRESSの続き(中)です。
(中)では、小鹿田焼300年の背景ともいえる、陶芸の里皿山の風景を紹介します。

c0156749_1014166.jpg





唐臼の音が24時間鳴り響き、皿山の陶土がうつわに化ける。


「ギギィー・・・ゴトン」
間を置いて、再び「ギギィー・・・ゴトン」
日本の音風百選にも選ばれた皿山に響き渡る唐臼のゆっくりした音が、ここの暮しのリズム。

c0156749_10422183.jpgc0156749_10424593.jpg



唐臼で十分につかれた土は陶土となり、陶工の手によりかたちが整われ、家族総出で窯へ運ばれる。
そして、もっとも難しい窯焚きを経て、窯出しの日を迎える。

c0156749_1046739.jpgc0156749_10463180.jpg

c0156749_10521287.jpgc0156749_10523279.jpg


神々しさすら感じさせる登り窯。

c0156749_1051881.jpgc0156749_10514157.jpg
c0156749_1056616.jpg




民藝運動の指導者、柳宗悦により「日田の皿山」と紹介されたその窯場では、
300年前の江戸時代中期から現在に至るまで、一子相伝の世襲制のもと、
昔と変わらぬ手作業にて、庶民のためにうつわが焼かれ続けています。




この後、若き陶工坂本浩二さんと黒木昌伸さんにお逢いして、興味深いお話を伺いました。
内容は・・・私たちだけの“宝物”ということで、申し訳ない・・・。
小鹿田焼きというと、どうしてもうつわやさんに山積みされたベタな印象があり、
一般女性は苦手な方も多かったのでは?と思われますが、
その中からセレクトしてお店に持ち帰ると、お客様の評判もすこぶる良く、私たちも大満足!
そして、私たちの役目はこうした自分たちの審美眼に自信を持って、本物の用の美
皆さんに紹介していくことなんだと思えてならないのです.


パリ、テキサス店内c0156749_11214698.jpgc0156749_1122641.jpg



c0156749_11295789.jpg
どうです?飛び鉋の模様が美しい小鹿田焼きのすり鉢は
キャラメル・チョコレートのような味わい。
白の器もいいですが、アクセントに用いると
また新鮮に感じます。
画像のようにすり胡麻のキャラメルガナッシュを
あえていれてみる。
私たちは新鮮で美味しいマリアージュを
提案したい♪



次回民藝に出逢うたび(下)は小鹿田焼き陶芸館と民藝の歴史を紹介します。


*ムッシュ&マダム*
[PR]
by paris-texas_press | 2009-03-09 11:52 | 旅の記憶



AIGLE レインブーツ♪

今日も朝から雨。
雨の日が多いこの頃…

そんな雨の日でも楽しくお出かけしたい時に大活躍なのが、
こちらのレインブーツ♪

c0156749_11255356.jpg

大人気のAIGLEレインブーツ!
デザインもシンプルでいろんなお洋服に合わせられる優秀なブーツです。

カラーはブラウンとブラックが入荷しました!
c0156749_11281254.jpg

**各15540yen         

サイズがある今のうちにお気に入りの1足を見つけて下さいね!              水音
[PR]
by paris-texas_press | 2009-03-09 11:29 | パリテサキス★新着情報




宮崎市霧島3-133にある雑貨・家具・お洋服・骨董などのセレクトショップ★ギャラリーカフェ併設★                ムッシュ&マダムへのお手紙は gion3@ joy. ocn. ne. jpまで
by paris-texas_press
カテゴリ
パリテキサスショップデータ
パリテサキス★新着情報
ムッシュの古道具
フランスの記憶
京都の記憶
沖縄の記憶
旅の記憶
ムッシュ木村
マダムみこ
スピコ店長
アキのひとりごと
以前の記事
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
|