|
カテゴリ:マダムみこ( 593 )



お知らせです!
こんにちは、みこです!

皆さんからPARIS,TEXAS PRESSに最近投稿がないので、
ご心配のメールやお言葉が相次いでいます。
前にも書きましたが、今はFB(フェイスブック)を主にやっております。
よろしかったら、皆さんも私とFB友として交流しませんか?

秋は旅をするのに素晴らしい季節ですね。
今月は屋久島、名古屋、京都と行ってきます。
そして、アラスカ、ハワイ島も計画しています。

また旅の記録としてPRESSにも載せたいと思いますので、
楽しみにしていてくださね。

それでは行ってきま~す♪


c0156749_9522236.jpg

[PR]
by paris-texas_press | 2011-10-16 08:08 | マダムみこ



今日という日は贈りもの
こんにちは、みこです!
最近、PRESSすっかりご無沙汰でごめんなさい。
毎日、とても慌ただしい日々を過ごしています。
FBばかりしていた訳でもないのですよ~(笑)
でも先日、とてもこころ踊ることがありました。
ご縁があった方が、私の大好きだった歌人の方や作家の方ととても親しい方で、
私のこころの奥底にしまっておいた、忘れかけていた大切なもの(魂)に、
美しい光を与えてくださいました。
そして、たくさんの素敵な贈り物を頂きました。
昨日までとは違う、どきどきしている自分が確かに存在しているのです。



c0156749_1020567.jpg



PARIS,TEXAS PRESSの皆さんはもうご存じだとは思いますが、
私はネイティブアメリカンの生き方、訓えがとても好きなんです。
どうしても今はNYに行くことが多いのですが、
American National Parksをゆっくり回りたい。
そして、ヴォルテックの点在するセドナに行ってみたいのです。


自然の中に神が宿る…
この考え方は実は、日本人の元々の考え方に共通してます。
顔かたち、髪や目の色…私たちと似ていますよね。
以前からPARIS,TEXAS PRESSでも度々書いてきました。
このネイティブアメリカンの言葉。
『生も死も同じ。サイクル(循環)
今日という日は贈り物。
一瞬も無駄にしてはならない。
今日という日は二度と戻ってはきません。
だから、私たちは何かを捨てて、
小さな死を迎えなければならないのです』


今日から9月!
ネイティブアメリカンの9月の言葉を皆さんに贈りたいと思います。
今日という日を大切に!
自分を大切に、どうぞ…愛してください!


DANCING MOONS
『9月に月が通るのは意識という道』


秘密の場所で頭を東に向けて横たわり、何かを学ぶまでそこにいよう。
それからゆっくり南に方向転換してうつ伏せになる。
あなたの鼻の先にあるものを見よう。
木の葉、松葉、泥、虫、小石。
西の向いたら、指で土を掘ってみよう。
豊かな歴史の匂いを嗅ごう。
一万年前、ここはどんな所だったか想像してみよう。
あなたの前にここへ来たのは誰だろう?
その人たちはあなたに話しかけますか?
ほら、影が動いている。
歴史が動いているのです。


さて、今度は北に向いて、ここに降った雨の一滴一滴、雪の一ひら一ひらが
思い描けるまでそのままでいよう。
そして思い描いてみよう、ここを通った動物たちを。
近くに住んでいる蛇、虫、そしてまたネズミ、リスなどのゲッシ動物。
また、伸び行く草や木々、地震や洪水、吹雪や暑さを。
あるいは火事や干魃を。
地球がどのように存続しているかを考えてみよう。


円をあなたの体で完成させよう。
東を向いて地を目覚めさせる声に耳を澄まそう。
その声が聞こえ、言っていることの意味がわかったら、向きを変えて空を見よう。
そこで起きたすべてのことを考えよう。
星の誕生と死。
月と太陽の出と入り。
飛んでゆく鳥、さまざまな形、色、大きさの雲。
そして彼方の暗闇。


あなたの体から上と下の両方向に伸びるこれら二つの円のなかに、
すべての時間とすべての場所がある。
二つの円は最終的には空で一つになる。
それは生命の綴じ目と呼ばれる。


考えてごらんなさい!
この二つの円の中に人はそれぞれの宇宙を創っているのだということを。
それが、すなわち意識するということなのです。
[PR]
by paris-texas_press | 2011-09-01 10:38 | マダムみこ



私の日々。
ご無沙汰しています、みこです!
皆さま、お変りありませんか?
毎日、慌ただしくも充実した日々を過ごしています。


最近始めたFB、はじめはあるジャーナリストさんの情報を得るために登録したのですが、
今では全国各地、海外までにお友達ができて交流を深めています。
私は単にFB友の数を増やしたいとも、
宮崎の親しい人たちと内輪の会話をしたいとも思っていません。
まだ見ぬ友と想いを共感し、
そして遠くにいる友を見つけるひとつの手掛かりになればいいなって思っています。


いつもPARIS,TEXAS PRESSをみてくださる皆さんの中に、
私とFB友になってみたい!って思われる方がいらしたら、ぜひリクエストお願いしますね。
必ずメッセージを添えて(^^V


前村美規子(みこ)で登録しています♪



*********************



静けさに帰る


万物は生まれ、育ち、活動することが
すべては元の根に帰ってゆく。

...それは静けさに戻ることだ。
水の行く先は…海
草木の行く先は…大地

いずれも静かなところだ。

「老子道徳経・第16番番抜粋・訳・加島祥造)




ムッシュハウスからの燃えるような夕焼け
c0156749_9531011.jpg




今日は第66回目の終戦記念日です。
私たちはどこから来て、どこに行くのか…
この永遠のテーマを改めて想い起こすと、
この老子・タオの言葉が浮かんできたそんな朝でした。



「被災地の子どもたちを宮崎で夏休みを過ごしてもらう会」、
「地球交響曲東日本大震災チャリティー4作一挙上映会」
「写真家藤原新也氏講演会 メメント・モリ」
トリプルブッキングの一週間!
私は毎日が「生きてる!」と実感できるような日々を過ごしていま​す。
皆さんも一日一日を大切にお過ごしくださいね♪
[PR]
by paris-texas_press | 2011-08-15 08:08 | マダムみこ



私たちの未来
皆さんおはようございます、みこです!
昭和生まれの私はもちろん、私の息子も20数年前、
正しくこのような(下記のような)幼年時代を過ごしました。
子どを幸せにしない大切にしない、できない社会に未来はありませ​ん。
私も微力ながら、自分に出来ること、
「被災地の子どもたちを宮崎で夏休みを過ごしてもらう​会」のお手伝いしています。
FB友、富岡さんからのメッセージをお読みください。



「原発事故以降、続けられなくなった自然保育 」
うちの娘は幼少時代を日本で過ごし、埼玉の「さくら•さくらんぼ​」系のある保育園に通っていました。
園長夫婦は「この世の中で最​も大切なのは子どもの幸せ」という考えの人で、
どんなときでも常​に子どもを第一に行動して来ました。
自然の中で五感をフルに使っ​て遊ばせる、ものすごくナチュラルかつワイルドな保育園で、
娘は​愛情深い保育士さん達に可愛がられて幸せな幼児時代を過ごしまし​た。
原発事故が起こって以来、普段なら田植え前の田んぼに裸で飛び込​んだり、川で泳いだり、
野生の桑の実を採って食べている保育園の​子ども達のことがとて...もとても心配でしたが、
一緒に子どもを卒園させたママさんに頼ん​で様子を見に行ってもらったところ、
園長は事故直後から子どもを​守るためにできる限りの対策を取っていることがわかり、ほっとし​ました。
事故ですっかり変わってしまった世界の中ですばやく頭を切り替え​て、
子どもを守るためにはどう保育をしたら良いかを考えている園​長に感謝します。
同時に、園長が過去何十年も信念を持って続けて​来た自然保育が
3.11によりそのままのかたちでは継続できなく​なったということが本当に悲しい、、、、。
消費者に良いものを届けようと努力して来た有機農家や、
できるだ​け自然に近い生活をと思って来た人達の生活から真っ先に破壊され​てしまうのが
原発事故なのだと強く感じています。



そして、まだご覧になっていない方、必見です!
「国の原発対応に満身の怒りを表明します!私は法律を犯しています!」
東京大学-児玉龍彦教授
( 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)
2011年7月27日 (水) 衆議院厚生労働委員会「放射線の健康への影響」について







皆さん、どう思われましたか?
もう時間がありません!
急いでください!
私のFB友は、それぞれに出来ること一生懸命やっています。



数日後、動画が観れないようになっていました。
ということは真実はそれだけ影響力があるといことです。
今日、ちょっと見にくいですが他の生きているリンクを載せてみました。
これもまた消されるかな?

[PR]
by paris-texas_press | 2011-07-28 08:08 | マダムみこ



「その者、蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし」
「その者、蒼き衣を纏いて金色の野に降りたつべし。
失われし大地との絆を結び、ついに人々を清浄の地に導かん」



c0156749_913614.jpg



おはようございます、みこです。
FIFAワールドカップ女子で、日本が初優勝を果たし感動の嵐に包まれる中、
記念撮影を行うナデシコたちが、まるで「風の谷のナウシカ」の1シーンのようだと
Twitterやネットで話題になっています。
ナウシカの話の中の言い伝えによると「その者青き衣を纏といて金色の野に降り立つべし…」 とあり、
まさに青いユニフォームを纏ったナデシコたちと一致しますね。
宮崎駿はやっぱり予言者でしたか?



それから…知人のジャーナリスト木下さんもこんなことを書いていました。



(前略)・・・・・・・・・・
「放射能戦争」を戦い抜ける覚悟が皆さんにあるのかを問いただしたいと思います。
その覚悟もなく、漫然と高みの見物を繰り返しているある種のインテリやプライドの塊な人々が、
放射能を自分と関係ない話としてトークにあけくれているのは、ネットでも現実でも散見されます。
戦時下において、こういう人々の意識は、実は御用学者以上に、無駄だなとつくづくおもいますし、
子供や自分の身体を守ろうとしている女性たちから見れば、ある意味こっけいな話だと思います。
なでしこジャパンの活躍を見ていても、日本で頼りになるのは、
やはり女性だという認識なのは、間違いないですしね。

・・・・・・・・・・・・・・・・



「元始、女性は実に太陽であった」
今こそ、この言葉が思い出されますね。
[PR]
by paris-texas_press | 2011-07-19 08:08 | マダムみこ



すべては天の計らいです。
こんにちは、みこです。


あっちのブログに書いたりこっちに書いたりしている私です。
台風、近づいていますね。
私の幼少時代は宮崎は台風の銀座と言われる位、台風の通り道でした。
それだけ水害もあったりで、大変だったとは思いますが、
今の日本、放射線をはじめ邪悪なもので満ち満ちています。
風と水の浄化という意味から思えば、台風は自然という天の計らいかもしれません。
私…「風の谷のナウシカ」を思い出しました。


私たちの屋久島行きも、これも天の計らい?によってキャンセルとなりました^^;
改めて、sankaraに(サンスクリット語で天からの恵み)行ってきますね。
ものごとには最善の時があるようですから…


さて、スリランカでアーユルヴェーダー三昧を目論んで、
いろいろとお世話になった旅行会社のPINKさん、
初めての利用ですが、なかなか個性的なプランに答えてくれますよ。
そこでここのスタッフさんのちょっと印象的だった旅行記をご紹介。
前にPRESSに載せた「見えないものを信じるちから」の物語の最後のBGMも、
ジャジーにアレンジした鉄腕アトムだったのを、皆さんは覚えてるかしら?
短い言葉の中から、共通点を感じるものがありました。
確か息子の部屋にあった?「火の鳥」、読んでみたくなりました。



ムッシュハウスからの台風前の神秘的な夕暮れの写真です(7/16)
c0156749_1125371.jpg




ヒマラヤはサンスクリット語で「雪の住処」という意味だそうです。
中でも世界最高峰エベレスト(8850m)は、神々の座として人々に崇められてきました。
ネパールでもブータンでも、ヒマラヤは神聖なものです。
東西約2500kmの山脈には、日本列島がすっぽり収まってしまうスケールです。


ところで、ヒマラヤ山中では、アンモナイトや三葉虫などの化石が多く見つかっています。
つまりヒマラヤは「かつて、海の底であった」証拠です。


地球の地殻変動が活発であった時期に、
インド亜大陸がユーラシア大陸の下に滑り込むようにぶつかり、
その際に海底の堆積物も押し上げられたのです。


およそ約4000万年前のことだそうで。


それがヒマラヤ。
すごいスケール
ちょっと漫画「火の鳥」を思い出します。

            *
ところで、原発の放射性廃棄物(燃料棒)が元のガラス棒に戻るまでに
100万年を要するとか。


人類はなんというものを地球上に作ってしまったのでしょうか。
「鉄腕アトム」の世界です。


故手塚治氏はやはり偉大だっただな、と思う今日この頃です(涙)
[PR]
by paris-texas_press | 2011-07-18 11:47 | マダムみこ



ブログ更新しました♪
みこです、もうひとつのブログをやっと更新しました。
よかったら覗いてみてください♪


c0156749_21243566.jpg

[PR]
by paris-texas_press | 2011-07-04 21:26 | マダムみこ



真夏の夜の夢
黄金色の太陽が降り注ぎ、花が咲き、椰子は天を仰ぎ、小鳥がさえずり、
空気は澄み渡り、岸辺には水鳥が遊ぶ。


彫りの深い、茶褐色のヌビア人が、船を漕ぐ寡黙な優しい横顔、
頭の上の、白い手編みのレースの帽子。


駱駝が、ロバが、犬が、山羊の一群が、女たちが行き交い、ナイルの風が水面をなでる。


ルビー色の「カルカディール」という赤いお茶、褐色の砂、砂の中の小石、
人懐っこい黒いハエとハエを払う箒、民家の壁に描かれている楽しい絵、
ファルーカという優しい帆船、砂漠の神々と王たち、壮大な極彩色の死後の世界、
太陽と、月と、星、陽が昇り、陽が沈む一日……。



エジプトにて
c0156749_13293153.jpg



こんにちは、みこです。
今日は6月30日、もう半年過ぎましたね。
大震災、原発問題と、とてもとても大きな悲しいことが起こりました。
そしてその悲しみはまだまだ続いています。
大変な上半期でしたが、明日からの下半期は、復興と再生の希望の日々でありますように、
半年の己の穢れを祓いに、「夏越しの大祓」に行ってきます。


「夏越しの大祓」…皆さんは行かれますか?
★以前の記事です★
[PR]
by paris-texas_press | 2011-06-30 13:46 | マダムみこ



人生の珠玉の瞬間
夕暮れ時のフィレンツェは格別美しい!
あまりに美しいと涙が出てくることってありませんか?
これって不思議な現象ですよね。
ヴェッキオ橋からアルノ川の向こうにトスカーナ地方の山々が蒼いシルエットとなって、それは美しい・・・
夜の訪れが遅いヨーロッパのこの季節、9時を過ぎてやっと夕暮れ時なのです。
昼間の暑さもすっかり涼しくなったこの時間、橋の上では路上ライブでしょうか?
優しいヴィオリンの音色が聞こえてきます。
何をするわけでもなく、この刻々と移り変わる風景の中に身を置くこと自体が、
とても贅沢な時の過ごし方のように思えてなりません。
茜色から群青色に移り変わる空の様をじぃーと見つめていると、
一筋の光の中に天使?が上っていくんじゃないかと思えるような、
きらきらとした瞬間があったような気がしました。
それは昨日、ウフィッツイ美術館で見たロッソ・フィオレンティーノの「奏楽の天使」の面影が、
私の心の片隅に残っていたからかもしれませんね・・・

マダムみこ旅日記より(フィレンツェの夕暮れ)


c0156749_10353645.jpg



こんにちは、みこです。
これは私が撮った旅写真の中で一番のお気に入りの一枚です。
普通のデジカメで修正加工もせず、自然のまま。
美しい夕暮れの変わりゆく色彩がそのまま切り取られた、まさしく天使が舞い降りたような珠玉の瞬間。
結構、いろいろな国を旅してきましたが、私はなぜか欧州の田舎街に惹かれます。
そう言えば、所謂みえる友だちが、前世に欧州の古城の姫だったことがあるって言ってたな(汗)

こうやって気儘に旅することが出来た人生に、そして全ての存在、導きに感謝します。
[PR]
by paris-texas_press | 2011-06-27 11:00 | マダムみこ



ある日突然生まれてくる!
激動の時代に生きていることは実はとても素敵なことなのです。
激動の時代にはバタフライ効果という現象が起こりやすい。
世界のどこかで一羽の蝶が羽ばたいて起こった小さな風の変化が次々に増幅され、
一週間後には地球の裏側で台風に発達するといった現象です。
カオス理論の考えなのです。
これはとても勇気の出る話です。
たとえそれがほんの小さな力でも正しい時に、正しい場所で、正しい方法で発揮されれば、
全地球規模の変化を起こし得るということなのです。
ひとりひとりの中に変化を起こす力がある。
力があるからこそ責任もある。
未来を開く鍵は、自分の中にその力があることを知ることです。
自分自身が変わることによって、世界を変えるのです。


地球交響曲ガイアシンフォニー第5番
アーヴィン・ラズロー


*いよいよ8月20日、地球交響曲4作チャリティー上映会が開催されます。
当日は無料となっています。
たくさんの皆さまのご来場、心よりお待ちしております。
私は影アナで参加しま~す(^^v



c0156749_1774593.jpg



皆さまこんにちは、みこです。
梅雨の晴れ間の今日も、宮崎を始め、全国的に暑いようですね。
梅雨寒から一変して、皆さん、体調など崩されていませんか?
6月生まれの私は5年ぶりの免許更新へと行ってきました。
一つ葉にある免許証センターの近くの松林では蝉が鳴いていましたよ。
何だか、このまま夏になってしまうのではって思ったほどでした。


さて、蝉ではなく蝶のお話を…
上記のアーヴィン・ラズローの言葉に出てくる蝶で思い出したのですが、
以前、ある息子位の男友だちが、私のなかなか治らないお肌の炎症を知って、
とても素敵なメールをくれました。
「…きっとみこさんも今は蛹の時期で
今以上に美しいみこさんがある日突然生まれてくるんだと思います。
ようやく書けました。
これはずっと前から伝えたいと思っていたことでした…」
Sくん、覚えてる?
いつもこの言葉が私のお守りになっていたって知っていますか?
まだまだ蝶になれず、蛹のままの私ですが、
でも「ある日突然生まれてくる」という言葉を信じて、毎日を楽しんでいますよ。
素敵な言葉は、時には大きな力を与えてくれますもの。


明日は久々、ヘルプでPARIS,TEXASでお仕事です。
皆さんにお逢いできることを楽しみにしています♪
[PR]
by paris-texas_press | 2011-06-24 17:40 | マダムみこ




宮崎市霧島3-133にある雑貨・家具・お洋服・骨董などのセレクトショップ★ギャラリーカフェ併設★                ムッシュ&マダムへのお手紙は gion3@ joy. ocn. ne. jpまで
by paris-texas_press
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
パリテキサスショップデータ
パリテサキス★新着情報
ムッシュの古道具
フランスの記憶
京都の記憶
沖縄の記憶
旅の記憶
ムッシュ木村
マダムみこ
スピコ店長
アキのひとりごと
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
|