|
<   2008年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧




時の経つのは早いものです。



11月最後の今宵は夕食会。
偶然、いや必然のように今日の日となりました。
ご縁のある皆さんとご縁のあるお店でちょっと早い忘年会?

これもやっぱり“ご縁”ですね。。。

  

c0156749_15522239.jpg




「さよなら11月」
[PR]
by paris-texas_press | 2008-11-30 15:57 | マダムみこ



repettoの魅力
 
25年前、初めてパリで買ったrepettoのダンスシューズ。
今でこそ皆さんご存知、カジュアルに履かれている靴ですが、
私たちの世代ではその履きやすさから
もっぱらお洒落な室内履きとして愛用してたんですよ。



それから10年後、パリ、テキサスをするようになって行ったパリで
数足買ってきてお店に並べたところ、即完売!
はい!そんなこともありました。



c0156749_13423467.jpg今回のパリでは、ムッシュの大好き、あのセルジュ・ゲンズブールも愛した
repettoのZIZIを是非ということで行ってきましたrepettoの本店。
なんと、アパルトマンから歩いてすぐ。







ウィンドウデスプレイも真っ赤なチュチュ♪
とっても鮮やかです。

c0156749_12442545.jpg


c0156749_12461612.jpg




店内もこんなに混み合っていました。

c0156749_1345046.jpg




ただ、日本と違うのは素敵にお年を召されたマダムやムッシュ、
それにバレエを習っているに違いないちびっ子たち・・・
そんな人たちばかりだったのが印象的でした。
でも、日本人の観光客も結構いましたけどね(苦笑)



_______________________________


レペットの歴史はパリのモンマルトルでレストランを経営していた
ローズ・レペットが、1947年に設立した小さなワークショップから始まりました。
ダンスシューズ、バレエシューズを制作するこのアトリエはもともとは
若い頃からダンサーとして活躍し、後に高名な振付家となった彼女の息子ローラン・プティの
要望から生まれたものでしたが、その後、チュチュ、レオタードなどの生産にも着手。
やがて、世界中のバレエ団とその花形スターから注文が殺到するようになりました。
現在も、バレエ関係者の多くが愛用するレペットは、
品質とデザインの良さでヨーロッパNo.1のバレエ用品メーカーとして、君臨し続けています。
レペットを愛用したセレブリティは、ブリジット・バルドー、カトリーヌ・ドヌーブ、
セルジュ・ゲンスブール、ジェーン・バーキン、ジョニー・ホリデイ、
シャルロット・ゲンスブールなどが挙げられます。



_________________________________________________


私たちの購入した靴は、これでした♪
あと、ぴちぴちTシャツ、きっとバレエ用かな?
薄いレモン色が可愛くて1枚ゲット♪

左からZIZI(マダム&ムッシュ)               
エナメルヒール(マダム)
c0156749_13254762.jpgc0156749_13264070.jpg
[PR]
by paris-texas_press | 2008-11-29 13:44 | フランスの記憶



古いもの探し
 

こんにちは!ムッシュTです!
ここ数日姿をくらましていた僕ですが、
実は古いもの探しをしてました。



c0156749_1437325.jpg




古物商の免許を取って15年。
ライフワークのひとつとして、また動き回ろうと思っています。



今回は、踏み台・水つぎ・銭箱・本棚・あのストーブの前に置くかわいいタイル台。
と、懐かしきものたち12点を連れて帰ってきましたよ。



綺麗に磨いて補修して皆様にお見せします♪
[PR]
by paris-texas_press | 2008-11-27 14:49 | ムッシュ木村



ギャラリー情報
 

お世話になったあの人に♪


今年を締めくくって、パリ、テキサスギャラリーでは
3日間だけのお茶カフェ(無料試飲会)を開催致します。


12月13日(土)~15日(月)
PM1時~5時
パリ、テキサスギャラリー



c0156749_1161369.jpg






11月の白玄堂さんの催事が大好評だったため、皆様のアンコールに答えての開催です。
催事の様子はここからご覧下さい。→ ★ 




今回は若い方に大人気の「陶工房こころ」さんの器展(主宰榎田さんも来店)も同時開催されます。
尚、陶芸家の中野さんも応援に駆けつけて下さいます。
●中野さんの器は常時展示販売しております。


陶工房こころc0156749_1182079.jpgc0156749_1184058.jpg
















白玄堂の白尾さんは、美味しい宮崎茶を皆様に広めることに
使命を持って活動されている若き茶ムリエさんです。
師走の慌しいこの時期に、美味しいお茶を飲みながら
パリ、テキサスの空間でほっと一息されてはいかがですか?


★パリ、テキサスはそんな使命感に溢れた若い人たちを応援します♪



(追伸)今、お茶のお供和菓子を検討中です。
     決まりましたらお知らせしますね。お楽しみに!
[PR]
by paris-texas_press | 2008-11-27 11:40 | パリテサキス★新着情報



The Color of Aya

秋色を探しに山へ行きました。
綾の森へ。
少しだけ写真を撮りました。


c0156749_21481068.jpg


c0156749_2148368.jpg


c0156749_2149990.jpg


c0156749_21495732.jpg



c0156749_2274941.jpg



カズさん!ごめんなさい!
お題を無断使用してしまいました。
写真も未熟なのに。。。(汗)



カズさんのシアトルの事務所にお邪魔したのは10年前。
ちょうど今位の季節。
そして皆で撮影の旅。楽しかったぁ~
オリンピックナショナルパークのレインフォーレスト(苔の森)の紅葉は神秘的でした。
10年という時の流れの速さ。。。
こうして綾の森の紅葉を見ていると、
私たちは時間の流れに生きている旅人なんだなって思います。。。



帰りに寄ったしらひげ神社の樹。
神社・仏閣は“気”が強いので、
こんなに枝がのびのび育つって知っていますか?
大空に向かってぐんぐん♪

c0156749_2210479.jpg

[PR]
by paris-texas_press | 2008-11-25 22:38 | マダムみこ



パリと京都

私が意識している「パリと京都」。
(うふふ・・何度も言っていますね、私。)
よく雑誌にも取り上げられますが、Lingkaran11月号のお題がまさしくこれ!
「パリと京都 古いものと暮らす インテリア」
なんと表紙の方、私の敬愛する知人なんです。
中にもそのご夫婦のライフスタイルが掲載されていますので、
よかったら覗いてみてくださいね。


今年は私にとってパリと京都が繋がった年でした★
12月、最後にまた京都へ行ってきます。
締めくくりはやっぱり京都でしたね。




私の大好きな京都大原にある古知谷阿弥陀堂の今。
c0156749_1345738.jpg




今年になって何回京都へ行ったかな・・・
30歳を迎えた頃からずっと、私の京都参りが続いています。
今では本気で住もうとまで思っている京都(笑)
ほぼ、病気・・・(汗)


講座を受けるため・・・(今、レポートたまってあせっています)。
神社・仏閣が好きだから。美味しいものがいただけるから。
古いものが好きだから。文化を感じられるから・・・。
う~ん・・・。たくさんあるなぁ~
シンプルに考えれば、私は日本人だから!ということかな。



高校2年の修学旅行で初めて行った京都。
当時、私が行っていた宮崎南高校は京都コースと東京コースがあって
それぞれの大学を見学するのがメイン。
京大と東大・・・今思うと学校側もすごいこと考えたもんだ。
私は京大がいい!なんて本気で言ってたっけ(汗)
でも、それから私の中の京都はだんだん色あせて、
お洒落に目覚めた私の想いは、「いざ!東京へ!」と変わっていったんです(笑)
あの時、京都の大学へ行っていたら・・・なんて思うこともあるけど、
どうも物事には最適なときがあるようです。
そしてそれが繋がっていくときが・・・今のようです・・・。



サンジェルマン・デ・プレ教会。今年の10月マダム撮影。
中世からの古い建築物で、パリジャンたちにとって心の灯台といわれているそうです。

c0156749_1348575.jpg




古いものには、いろんな痕跡がある。
キズだったり手垢だったり。
人が使ってきたぬくもりがある。


これを使った人はどんな人だったんだろう、
どんな想いで、生きた人だったんだろう。


私がこの世を去ってからも、
また、誰かの手に渡っていくのかもしれない。
私の痕跡が、何百年も先に残るとしたら・・・、
そんなことを考えると、じんわり、ふわふわ、
想いは膨らむ。
この空の下、人の暮らしはやむことなく続いていく。
この瞬間、縁があって私の近くにいるものだから、
大切に、やさしく、付き合っていきたい。


歴史のある街、パリと京都で、
暮らしの中で受け継がれてきた
たくさんの古いものたちに
出逢った。

(Lingkaranより)


マダムM 
[PR]
by paris-texas_press | 2008-11-24 14:12 | 京都の記憶



ヌードの芸術♪

今夜は夜遊びが苦手なムッシュ(あはっ!単にすぐ眠くなるからなんです)が
とっても行きたがっていたお店へ行ってまいりました。
それは去年生まれ変わった新生クレージーホース
4月号の雑誌「TITLE」にも野宮さん(元ピチカート・ファイブ)が絶賛していて
楽しみにしていたムッシュ。
今まで使われていたソファーなどの調度品は、
一般の人に売却されて話題となったそうです。


帽子を被ってちょっぴりお洒落なムッシュでしたが、フロントで預かりとなりました(苦笑)
私はロングドレスで気取ってみましたが、写真がボケボケで没(苦笑)
どうもムッシュが私をいい加減に撮るようです(怒)

c0156749_22531976.jpg

             ↑↑↑ ムッシュがここにいます。


パリの3大ナイトショーと言えば、ムーランルージュ、リド、クレイジー・ホース
いつも観光客でいっぱい!
皆さんもこのうちのどれかに行かれたことがあるのでは?
なんか、少しベタな感じもしないではないですが、
新生クレージーホースはちょっと違ってましたよ♪

場所はシャンゼリゼ、ルイ・ヴィトン本店の近く、高級専門店が並ぶエリアにあります。
赤のライティングの店内…地下に降りて受付を済ませます。

c0156749_2257131.jpg





会場の手前のブースにはまるでミラ・ジョヴォヴィッチのような女の子が
素敵な笑顔で迎えてくれました。かわいい!

c0156749_22584865.jpg




私たちの席は正面の2列目のダイヤモンドシートで、ほぼかぶりつきの席でした(笑)

c0156749_235924.jpg


c0156749_2352760.jpg




ショーの最中は写真撮影禁止なので、公式写真で雰囲気をご紹介します。
オープニングは定番のクレイジー・ホース版英国バッキンガム宮殿衛兵隊の行進。
人形のような振り付けで、人気の可愛いシーンです。
「ナイトショーなんて男性向きじゃないの?」と思われている方が多いかもしれませんが
エロティック要素は少なく、うっとりするほどの美しいバディーに感心してしまいます。
衣装や構成もまるでファッション雑誌をめくるような感じでとてもオシャレ!かわいいです。

c0156749_2385453.jpg


c0156749_2310515.jpg


c0156749_23102498.jpg


c0156749_23104610.jpg




ショーは約1時間半…最後まで飽きさせない美しいシーンの連続です。
合間には、ナイトショーにはかかせない、
ハイ・レベルのコメディアン・ショーもご覧頂けます。
全ては紹介しきれないので、続きは会場でご覧下さい!
あっ!そういえばクレジーホースのHPがとってもかわいいので是非ご覧になって下さいね♪


パリのムッシュ&マダムの大人の夜遊びでした♪
[PR]
by paris-texas_press | 2008-11-23 22:37 | フランスの記憶



Au Lapin Agile

夜に弱く朝に強いムッシュが一緒なので、パリナイトタイムはお預けかな、
と思いきや、今回のパリは違ってましたよ。
なんと、2回も夜遊びがありました(笑)

個人の旅の良いところは自由に行動出来るということかな?
その代わり全て自分でやらなければならないから、自己責任が伴いますが。
人生と同じ。。。

さて今日はそのひとつ、ピカソやユトリロも通った老舗のシャンソニエ。
「オ・ラパン・アジル」に行ってきました。


さあ~出発です。アパルトマンから歩いて3分のメトロチュイルリー。
パリはタクシーも安いし、メトロも安全で乗りやすい街なので、
私たちの交通手段はもっぱらタクシーとメトロです。

c0156749_10483257.jpg




このシャンソニエのすぐ前にはパリで造られる有名な葡萄畑「クロ・モンマルトル」があります。
ちょうど私たちがパリに着く4日前に、酒神バッカスに捧げる収穫祭があったそうです。
とても賑やかなお祭りだそうで、間に合わなくてちょっと残念!
この葡萄畑は狭いため、収穫量も少ないので「幻のワイン」となっているそうです。
kiyoさ~ん!飲んでみたいんですが。。。

夜なので、よくわからない画像になってしまいました(汗)

c0156749_1123441.jpg




19世紀半ば、モンマルトルの丘に誕生し、
今も当時の名残を残すシャンソン酒場「オ・ラパン・アジル」。
多くの芸術家たちに愛されたこのシャンソニエは、
パリの音楽の歴史を語るうえで欠かせない場所。

c0156749_21164218.jpg




アンドレ・ジルがウサギの看板を描いたのをもじって、
現在の店名「オ・ラパン・アジル(跳ねウサギ)」と呼ばれるようになったのだそうです。

c0156749_2118532.jpg




オ・ラパン・アジルの看板。これは、レプリカであり、
当時描かれたオリジナルはモンマルトル博物館にあります。

c0156749_21183983.jpg




シャンソンが聴ける、といっても舞台はなく、歌い手の方々が酒場で
お酒を片手に歌い始めるという面白いスタイル。
薄暗い店内で昔懐かしいシャンソンを聴いていると、
すっかりタイムスリップしたような気持ちになります。
聴ける曲はかつてピアフやブラッサンスなどが歌ったフランス人にとっての懐かしのメロディ。
たとえ歌詞がわからなくても、古き良きフランスの味わいを感じられます。

c0156749_21243611.jpg


c0156749_2125239.jpg




夜9時からスタートで、終了する夜中の2時頃までノンストップ。
皆さんもパリに行ったら是非行ってみて下さいね。
予約は英語でOKです♪

次回はシャンゼリゼに近いあのナイトクラブにどうしてもムッシュが行きたいと言うので。。。
では、夜遊び2のPRESS、お楽しみにぃ~♪
[PR]
by paris-texas_press | 2008-11-21 21:44 | フランスの記憶



幸せの種
 
朝起きたらすっかり冬でした(笑)



私は寒い朝の透明感のある陽射しが大好きです。
きりっとした空気感が好きです。
なんか私がとても大事にしている人としての潔さを感じるからです。




画像はフランスヴェズレー村のセント・マドレーヌバジリカ聖堂(ムッシュ撮影)  ひかりの聖堂とも言われています。
c0156749_11218100.jpg





昨日はそんな私の友人Mさんとデートでした。
そして、もう一人そんなことを感じさせてくれたKさんとも繋がりました。
場所は今は2代目の息子さん(うちの息子のひとつ先輩)も
一緒にお店を切り盛りされている、市内の老舗の絶品のお蕎麦屋さん。
20年ぶりにご主人やおかみさんともゆっくり話が出来て
感慨深いものがありました。
美味しいお食事を同じ波動を持った大好きな人たちと共に出来る
とても優しい時間。。。
当たり前の日常の中に幸せの種を見つけました。
また、素敵なことに繋がりそうです。。。

2代目さん、特別に作って頂いたそばがきの和菓子、とっても上品な美味しさでした。
ご馳走様でした♪



この寒さで京都の紅葉も一段と深まったようです。
私が行く頃にはすっかり葉も落ちていることでしょうが、
それはそれでその風情を楽しみたいと思っています。

さあ、今日はこれからカメラを持って山の方へ行ってみます。
何だか無性に山が見たくなって。。。
30代の頃、女性写真家気取りで友人の写真家(←彼はプロです)に
ついて回っていた日々を思い出しました(苦笑)
気持ちだけはあの頃と変わりはないんですけどね。。。(汗)

では行ってきま~す♪
[PR]
by paris-texas_press | 2008-11-20 10:19 | マダムみこ



寒くなってきましたが・・・
明日は冬将軍到来です。
そんな中、今日のご紹介するアイテムは、冬のコットンアイテムです。

Ebony Ivory チュニックワンピース  14490円

c0156749_1510829.jpg


他にカーキとスミクロもあります。
なぜわざわざウールじゃなく、コットンをご紹介するかというと、たんなる
個人的な好みです。すみません。。。

冬に綿を纏うという、潔い気持ちがすきです。あと、重ねたときに透ける感じ。
もちろんぬくぬくウールも大好きですが、
今年はなんか、コットンとかリネンウールにひかれます。

さらにざっくりしたウールのカーデをあわせてみる。
nitca ウールぽこぽこカーディガン  18900円

c0156749_15233240.jpg


ナチュラルなんだけどどこか きりり としてませんか?

そしてこのトート。
nitca  ランダムストライプトート  4725円

c0156749_15291949.jpg


独特のストライプが北欧のテキスタイルを思わせるこのトート。
毎日見てても見飽きないです。
これも媚がないというか、きりっとしたデザインが魅力です。


次回は、なにかあったかい特集で。。。
[PR]
by paris-texas_press | 2008-11-18 15:38 | スピコ店長




宮崎市霧島3-133にある雑貨・家具・お洋服・骨董などのセレクトショップ★ギャラリーカフェ併設★                ムッシュ&マダムへのお手紙は gion3@ joy. ocn. ne. jpまで
by paris-texas_press
カテゴリ
パリテキサスショップデータ
パリテサキス★新着情報
ムッシュの古道具
フランスの記憶
京都の記憶
沖縄の記憶
旅の記憶
ムッシュ木村
マダムみこ
スピコ店長
アキのひとりごと
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
|