|
<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧



あしたへは、ダイジなことだけもってゆく。

ああ~京都、やっぱり来てしまいました。

日曜日、息子は4時まで院内にて勉強会が入ったとのこと。
ひとりどうして過ごそうか…
私、こう見えてもひとりで過ごすの好き。
若い頃から群れて過ごすのが案外苦手なんです。
だからと言って、肉食系ではありませんよ。



c0156749_1617579.jpg




ひとり、秋の京都を散歩するのもいいわね…
でも京都には同級生のYOUちゃん、若い友人たちと大好きな人がたくさんいます。
そして、やっぱりこの人と逢うべくして逢いました。
去年5月、京都花園の禅文化研究所にお邪魔した時、
初めて出逢った研究員の紀子ちゃん。
それから交換日記のようにメールのやりとりを重ねていました。
知的で聡明で美しい女性。
今回、忙しい名古屋での合間になぜかぽつんと空いた一日。
紀子ちゃんと再び逢うために神さまがくれた時間。



20歳も年が離れているのに、話せば話すほどに繋がっていく話題。
前世はチベット人だったという紀子ちゃん。
じゃあ、私もかな?
一緒に古い館に住んでいたからね^^;
どうもここ数年出逢う人、こんな風に感じた人、4人目。
みんな京都繋がり。
京都という場所にたどり着くのは、必然だったのかもしれません^^



USAGIのランチも美味しかった。
紀子ちゃんのお友達、玲子ちゃんとも逢えてよかった。
都に素敵な妹たちが出来ました*^^*



c0156749_16181866.jpg
c0156749_16183491.jpg
c0156749_16185269.jpgc0156749_1619831.jpg




京都を舞台にしたマザーウォーター
宮崎では観たくても上映がありません。
残念って思っていたら、11月14日から私、東京へ行くんでした。
宿泊はいつもの交通の便の良い、品川プリンスアネックスタワーです。
なんとここのプリンスシネマで上映中。
嬉しいぃ!!!
ごめんね、心音ちゃん(笑)



(ミクシィ)
[PR]
by paris-texas_press | 2010-10-30 16:31 | 京都の記憶



息子とふたりの時間

こんにちは、みこです。



息子とふたり、百草のカフェでゆるりとした後は、
百草から近いということで、古道具も扱っているという
花蓮(ほわれん)を探しました。

えっ!こんなとこにあるのっていう場所にありました。
花蓮…名前がうつくしいですね。
お店の横脇には土岐川が流れていて、竹林の横に蓮の池がありました。
泥水から凛としたうつくしい花を咲かせる蓮を見る度に、
私の人生どんなに苦しいことがあっても、うつくしい花を咲かせて
周りの人たちに優しさと慈しみを与えれる人になりたいと、切に想うのです。
花の時期は終わっていましたが、
夏の季節にまた訪れてみたいものですね。




入口は緑に覆われていました。
趣のある古い修理工場の鉄骨の建物のようです。
c0156749_15582944.jpg





一階はギャラリーです。
多治見という場所柄、床は陶器の破片で埋め尽くされていました。
c0156749_1633653.jpg

c0156749_1673411.jpg




二階にはカフェと、古道具やお洋服のコーナーがありました。
c0156749_1654691.jpg

c0156749_16115192.jpg




友人たちのお土産に、ロタースティーを買って帰ることにしました。
c0156749_16132412.jpg





そして、時間があればぜひ寄ってみたかった場所が、ここバロック建築の多治見修道院。
c0156749_16163277.jpg




息子とふたり、とても穏やかな優しい時を過ごすことができました。
甘く切ない。。。しあわせなひと時でした。。。
[PR]
by paris-texas_press | 2010-10-29 16:26 | 旅の記憶



日々の光が映し出すもの

おそらく今回が、息子とふたりだけで過ごせる最後の時なのではないかと、
なんとなく…思っていたけれど…

とても忙しいのに時間をとってくれて、
私の岐阜のギャラリー廻りにつきあってくれてありがとう。
息子の愛車の助手席はイイもんです!




c0156749_10185142.jpg





さて、ギャラリー百草で安藤さんが話されたことで、
今でも心に残っている言葉がいくつかあります。
まず、「自然光で観る美しさ」ということです。

自然光観る美しさというのは、茶室で眺めた器が教えてくれたこと。
薄暗い茶室の中で、障子を通過して届く光は柔らかく、
器の色艶や肌合い、陰影を静かに豊かに映し出していました。
煌々と明るいところで観るよりも、たくさんのことが観えてきました。
これは茶道や禅の思想に繋がる感覚ですが、
いかの取り巻く要素を減らして、そのモノに意識を集中させるか。
引き算していくことで、逆に大きな世界を得られるのです。
(安藤雅信氏著書「美と暮らし」より)

いつも私たちが思っていることです。
私たちは「モノを売る」ということを生業としています。
物質主義だと言われればそれまでですが、
自己満足だと思われようが、
そこに精神性を映し出すことで日々の暮らしを紡いでいます。
日々の光がもたらす味わいは、目に観えないものまで取り込んで、
生活空間でモノをみせたいという私たちの想いを支えてくれています。





ギャラリーの入り口の白い大きな壺は内田剛一さんのもの。
手水鉢に見立ててあります。
c0156749_9434671.jpg



c0156749_9474318.jpg

c0156749_9481473.jpg
c0156749_9483466.jpg

c0156749_9485383.jpg
c0156749_9491768.jpg
c0156749_9493811.jpg
c0156749_9503274.jpg



そして、併設されている中村好文氏設計によるカフェで一休み。
…私、実は中村氏に「終の棲家」を設計して頂きたいのだけれど…

静かなピアノの調べが流れていました。


c0156749_954575.jpg



ルヴァンのパンと玄米コーヒー豆乳ラテはとてもうつくしかった。
左は蒸したもの、右はトースト。


c0156749_955461.jpgc0156749_956219.jpg



こちらは予約しておかないと売り切れてしまう旬の野菜のランチメニュー。
優しいので、身体が喜びます
今までいろいろな豪勢な?コースお料理も食べましたが、
たくさん食べれないし、時々もういいかなって思います。
素材とシンプルさ、限りなくお家ごはんに叶うものはありませんから。


c0156749_9574156.jpg



カフェに飾られていた花器
安藤さんの掛け花シリーズ・十字架   
購入しようと思っていたのに、すっかり忘れて帰りました。
でも、だからまた、12月の名古屋の時にここに来れるかもしれません。


c0156749_101441.jpg




人の眼というものは不思議なものです。
はっきりと観えているものがある一方で、
観えていないものを感じとって、自分の中に映し出すことができます。
この安藤さんの言葉のように、私は常に観えないものの気配を感じます。
私の場合、神社や仏閣、そして大自然の中でその感覚は研ぎ澄まされるのだけれど、
今日、ここで同じように感じることができたのは、
思いがけず初対面にも関わらず、安藤さんの温かな人間性に触れ、共感するお話までできたこと。
息子と一緒だったということ。
そして今夜これから始まることが、
私たちにとって「特別なこと」、
私にとって「節目のこと」だったから。

お祝い事は時として哀しみを伴います。
今夜のことは私だけが感じれたこと。
だから、なかなか寝付けませんでした。。。








     
[PR]
by paris-texas_press | 2010-10-27 10:35 | 旅の記憶



ただいまです!

宮崎に帰ると、ここ数日間が数年間過ぎてしまったような感覚でした。
アインシュタインの相対性理論ではありませんが、
時間って「伸び縮み」するんですよね。
友人に「浦島たろこ」みたいな気分だわって何気に言ったら、
相対性理論の中に「ウラシマ効果」というのがあるらしいのです、
やっぱりね…(汗)


たった数日間なのに、名古屋→岐阜→名古屋→京都→名古屋と満喫した私でした。
今まで何度も行った名古屋、京都とはまるで違った感じもありました。
精神的にも、もっともっと成長しなければ苦しくなる自分も確認できました。



ということで、まずはこの方との出逢いです。
岐阜県多治見の山間に、全国からたくさんの人が訪れる
人気のギャラリー「百草」のオーナでもあり陶芸家の安藤雅信氏です。
個展初日でお忙しいにもかかわらず、
いろいろなお話をさせていただきありがとうございました。
お陰様で「こころのくつ」を脱ぐことができました。



現代美術、茶の湯、工芸、生活道具、ファッション…
ジャンルにとらわれることなく、モノと暮らしを自在に結ぶ。
百草には暮らしに潤いを与え、
日々を育む力が溢れています。
詳しくは、少しづつ…


c0156749_1013265.jpg

c0156749_10133939.jpg

[PR]
by paris-texas_press | 2010-10-26 10:26 | 旅の記憶



名古屋!

こんにちは、みこです。
25日まで名古屋にいます。
このホテル、このお部屋は、
私が息子の医大の卒業式の時に泊まった時と同じです。
近くに緑もあって、落ち着いた優しい雰囲気が好きです。
内装は英国人デザイナーによるものだそうで、
名古屋でも由緒あるホテルなんですよ。



あれから4年…
今度は息子が招待してくれました。
立派に成長してくれました(涙)(笑)



c0156749_12431544.jpg




さあ、これから…
節目の大事な日々が続きます。
[PR]
by paris-texas_press | 2010-10-22 12:42 | マダムみこ



デットストック商品が入荷致しました。
こんにちは。パリテキサスのaccoです。

パリテキサスでも人気のデットストックの商品が入荷致しました!!

色の付いたカラフルでレトロなタイルと可愛い絵柄がデザインされたタイル。
昭和30年代のもので、インテリアとして、お部屋に貼り付けても可愛いですし、
鍋式などの敷物として使用することもできます。
c0156749_1201162.jpg
c0156749_121931.jpg


毎回人気のマグカップ。
珍しい模様が魅力的です。

1960年代に北米輸出用にオーダーしたものですが、
そのオーダーしたバイヤーが亡くなった為、輸出されずにお蔵入りに
なってしまったという面白いエピソードつきです。
c0156749_1221433.jpg


大・中・小と3種類の大きさのあるコルク瓶。
スパイスやソースを入れるための瓶で、柄や形を変えて台所に並べると
とても可愛いコルク瓶。デットストックなので安心してお使いいただけます。
c0156749_1231491.jpg


是非、パリテキサスにも見に来て下さいね。
[PR]
by paris-texas_press | 2010-10-20 12:20 | パリテサキス★新着情報



カメラ ガーベラ きんもくせい
きんもくせいの季節です。

すこし冷えた風とともにほのかに香りをみとめると、
おもわず、愛らしいやまぶきいろの花のすがたを探してしまいます。

子どものころに住んでいた家には、きんもくせいが1本植わっていて
花が咲くと、つんだ花をティッシュに包み、香り袋をまねていました。

同じようなことをされていた方ならご存知でしょうが、きんもくせいの花は、つむとすぐに茶色くなってしまいます。
あんなにかわいい花なのに、と、ざんねんな気持ちになるのだけれど
永遠のすがたでないからこそ、いいものなのでしょうね。

押し花にもできるそうですが「きんもくせい酒」というのもあるみたいで
いまの家にはきんもくせいがないので、いつかつくってみたいです。
c0156749_23564423.jpg

これは学生のときに、当時住んでいた街の書店に併設されたギャラリーでみつけたピアスです。
どこかきんもくせいに似た、お花のようなかたちにまいって購入したものです。
どうでしょう、似ていません?

c0156749_2357890.jpg

こちらのお花は、元はスピコさんの披露宴に飾られていたガーベラです。
パリテキサスの入り口に生けられていたものを、パチリ。

お花、わたしも家にすこし持ち帰りました。
飾ったお花を見るたびに、スピコさんの幸せそうな笑顔を思い出し、ひとり、部屋でにこにこしてしまいました。


こんにちは、アキです。

10年ぶりにデジタルカメラを購入しました。

友人が使っていたフィルムカメラ・RICOH GRのデザインがとてもすてきだったので
デジタルカメラを買うときは、RICOHのものにしようと決めていました。
GRはデジタルも出ているのですが、今回、GRより安価でズーム機能のついたCX3という機種を買いました。

うれしい!

ここ数年、カメラを持ち歩くことなく暮らしていたので
これからは、CX3を携えて気軽に写真を撮りたいなと考えています。
(うえの2枚も、あたらしいカメラで撮りました!)
[PR]
by paris-texas_press | 2010-10-19 00:00 | アキのひとりごと



人参娘なう!

「inada農園」さんでお手伝いをしているaiちゃんから、
今、人参の間引きをしているよ!という映像が届きました^^



c0156749_1014220.jpg




そんなaiちゃんが先日、ムッシュハウスでお野菜会議をした際、
inadaのママからのお薦めの本、「ニンジンから宇宙へ」を持ってきてくれました。
11月に東京で開催されるホリステック医学のシンポジウムに参加する私には、
ワイル博士の自然治癒力とも共通している、
身近な「食」の話はとても興味深い。
11月21日、著者赤峰勝人さんの講演会が宮崎であることを教えてくれたのもaiちゃん。
地元ではなかなかこのような講演会はないので、
早速皆で聴きにいくことにしました。




この宇宙に存在するすべてのものは、さまざまに支え合い、お互いを生かし合っている。
水も空気も光も、人間も地球も。土の香りと元気と知恵がぎっしり詰まった本。
循環…当たり前のことですが、私たちが忘れていること。
とっても読みやすいですよ。
c0156749_10295488.jpg





福岡の愛ちゃんが学んでいる松尾自然農塾
京都の禅文化研究所の紀子さんの研究などなど、
私の若き友人の意識は、全て宇宙へと繋がっています。




息子が医者になってますます想いが募った私ですが、
突然現われたお肌の湿疹と赤みが一年経っても治らない、
それもお顔のみという辛い現実、
身近な友人の「癌宣告」、
愛する両親の病と介護、
その全てがこのような「意識」へと導いてくれたようです。




パパは単身赴任なので、ふたりの幼い息子と一緒に、
無農薬を徹底した、しっかりとした思想をお持ちのinadaご夫妻の元、
仕事として農業を始めたaiちゃん。
こつこつと毎日頑張っている若いママの姿は、ほんとカッコイイ!
そんなaiちゃんのお野菜を、Paris,Texasでも紹介できるように今、計画中です。

★aiちゃんのもうひとつの新しいブログuma uma umaiも是非ご覧くださいね♪
[PR]
by paris-texas_press | 2010-10-18 09:58 | マダムみこ



2010年10月10日 番外編

余談ですが…みこです。

元店長スピコさんの結婚式に着た着物は、
実は20代の頃お仕立てしてもらった着物なんです。
ということは、かれこれ30年位前…(汗
可愛すぎないかい?なんて心配しましたが、
すっかり古着ぽくなったレトロな柄が皆さんに好評で、
式場の衣裳係の方からもお褒めの言葉を頂きました。



髪型は額を上げた「夜会巻き」にしようかと思ったのですが、
同年代のこの方の髪型(下記記載)を参考に、サロンドフジエのマネージャーが、
思い通りにシンプルに結ってくれました。
マネージャー&着付けをしてくれた池ちゃん、お世話になりました。



c0156749_11163091.jpg

c0156749_11174680.jpg
c0156749_1118280.jpg




「おくり人」の授賞式での、女優の余貴美子さんの髪型を真似た私…(笑c0156749_111449.jpgc0156749_11141826.jpg


ぷぷぷ…
あ、笑ってる人は誰ですかぁ~
[PR]
by paris-texas_press | 2010-10-16 11:26 | マダムみこ



ある秋のこんな一日…

こんにちは、みこです。


1年選手の2人と、新人さんの2人という10月からのParis,Texasスタッフです。
しばらくは、出張以外なかなか長期休暇が取れないムッシュです。
スピコ店長は10年選手でしたからね…同じようにいかないのは当然ですが…
ムッシュは初心に戻ってスタッフ育ての毎日のようです(笑)


でもそんなお休みでないようなお休みの先日、
ちょっと気になるお店、作品があって、鹿児島まで一緒に高速を飛ばしてきました。
噂では聞いていましたが、実際に観て…
う~ん、感動はありませんでした。
やはり、「百聞は一見にしかず!」でした。


私たちはほんの些細なことでも、実際にその人と逢って、
観て聴いて触れて確かめないと気がすみません。
だから時間とお金が許せば、どこにだって行きます。
だからよくこんな旅をします。
(お時間のある時にでもフランスの記憶など見て頂けたらと嬉しいです)



c0156749_10102586.jpg




そして、鹿児島からの帰りに木林舎くん新天地(10月16日移転オープン)へと遊びに行きました。
私は、一年ぶりくらいの再会だったのかな~
去年、彼から「自分の好きなことがしたい!」という相談を受け、それからのご縁。
続けることの大変さ、
生業とすることの難しさ、
これからもたくさんの幸せの種を蒔いて、どうか幸せな花が咲きますように・・・
と願わずにはいられませんでした←またまた母のような想い(笑)




木林舎くんのお店はこの赤いカフェの左上にあります。
c0156749_1095486.jpg

[PR]
by paris-texas_press | 2010-10-16 10:50 | マダムみこ




宮崎市霧島3-133にある雑貨・家具・お洋服・骨董などのセレクトショップ★ギャラリーカフェ併設★                ムッシュ&マダムへのお手紙は gion3@ joy. ocn. ne. jpまで
by paris-texas_press
カテゴリ
パリテキサスショップデータ
パリテサキス★新着情報
ムッシュの古道具
フランスの記憶
京都の記憶
沖縄の記憶
旅の記憶
ムッシュ木村
マダムみこ
スピコ店長
アキのひとりごと
以前の記事
2017年 09月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
|